2005年11月17日

必殺の言い訳、9条を捨てる意味は?

前のエントリであらかた書いてしまったので今さら改めて書く程のことではないのですが、考えれば考えるほど、9条改正のメリットがない気がしてならないのです。
(まぁどうせしばらく改正されない気がするけど)

「自衛軍の保持明記」自体に異議はないですが、そもそも自民党草案の意図ってなんなんだろう。

「国際社会の平和と安全を確保するために国際的に協調して行われる活動を行うことができる」って節を挿入するメリットは何か、と考えてみると、

「国際社会における日本の役割を増し」→「米国からの軍事的意味での独立度を増す」→「日本の政策の幅が広がる」

ってぐらいしか思いつきません。いわば、自民党の言う「普通の国」への邁進の一環であると。

確かに、これは米国も歓迎するだろうし、日本を「普通の国」にする一つの突破口にはなる。理論上は。
でも現実的には、後少なくとも数十年くらいは、日本の海外での軍事活動なんて、米国政策に完全にエンタングルメント、「一体」にならざるを得ないのは明らかでは。

で、米国の海外での軍事活動に貢献することが国益になるかと言えば、あまりそう思えない。
米国って海外での軍事活動で得してる、のか?

しかも、日本国民は米国の投票に参加できないから、これでは「投票権のない合衆国の一州」への邁進になってしまうのでは?


9条があるうちは

アメリカ:「日本サン、イラン空爆サンカしてくーださぁい」


日本:「ごめん、でもうち憲法がさ(^^;) わりぃわりぃ、いつか改正するから」

アメリカ:「う〜ん、democracyだからしょうがないネ…」


− 終 了 −


って簡単に逃げられるけど、改正しちゃったら韓国みたいにちゃんと派兵しなきゃならなくなる。まぁそんな簡単に派兵できるわけではあるまいが、9条があれば派兵拒否の場合に米をなだめるコストが随分安上がりに済むではないか。

アメリカがうっかり押しつけちゃったこんなおいしいタガを捨てる意味はあるのかと。しかも米軍はおまけに、タガはめといて自衛隊作ってくれたから、改正しなければ米への軍事依存が救いがたいほどになる、というファクターもない。

有事の際の法整備さえ、解釈解釈(改正でもいいけど)でまともな状態にしときゃぁそれでええやん。

それなのにイチイチ米の「自由と民主主義の十字軍」に参加する、そこになんのメリットがあるのか。


左派からそういう論理的な説明がない気がするのは俺だけですか?

「とにかく改悪=戦争戦争戦争! 戦争=悪悪悪!」

っていう盲目的平和主義の題目だけ唱えて怒っているから「平和バカ」って相手にされないのでは。


「かくかくしかじかで意味ねーからやめるべ」って言われれば、俺ら「これからの世代」も「ふむ。」って考える気も起ころうというものなんですが。



追記:
もう一つ、中国は主に台湾問題が理由で米に極めて強い警戒感を持っている。
台湾に関しては米の抑止力だけで十分なのに、日本がそこへ顔出すかのような印象を中国側に与えれば、中国はただでさえ無意味に焦っているのに、さらに焦ってびびりまくってえっさほいさ軍拡を進め、日本との関係も無用に緊張する。

そういう観点からも、このタイミングであんな節を挿入するメリット、皆無。
軍事的独立を図りたいなら、こっそりやればいい。イデオロギー的な戦後問題処理、それほどのデメリットを被りながら急ぐべき問題とは思えんし。

ずるいずるいでズルズルいくのも妙案ではないか。
posted by watoro at 11:08| Comment(4) | TrackBack(1) | 国内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
9条改正と言うか、憲法改正については俺は反対。これまでの多様な論議のもとで原形のままでおいているのが一番じゃない。右も左もどっちも優勢でない状況が理想的だと思う。大体なんだ、イランを空爆だと。イラン空軍最強の戦闘機ズー・アル=フィカールがステルスを撃墜して、積年の恨みを晴らしてくれようぞ。ちなみに積年の恨みとは、イラン・イラク戦争中にアメリカ軍によってイラン航空の民間機が撃墜されたこと。これ以外でイラン航空の国際線は堕ちたことがない。まあ、あの機体じゃ無理だろうけどな。

それより、就職決まったんか?
Posted by 黒田@神戸 at 2005年11月17日 23:10
俺はホントは憲法改正したいけどね(^^;) こんな有名無実&“翻訳調”の憲法、確かにあまり快適な感じじゃないし。

ズー?なんだそのしょぼそうなヒコウキ(笑)。
イラクを空爆するために、イラン国境付近を飛行した米軍機は、対イラン空軍用に対空ミサイルを搭載して飛んでた、っちゅう話があったな。

まぁ、どうせイラク全体が安定な親米同盟国にでもならない限り、空爆する度胸は出ないべ。

でも大分前にイスラエルがイランにミサイル撃ったんだっけ?もしもまた撃ったら今のイランって反撃できるのかな?

就職は、決まらん。また最終で落とされた。うぜぇ。
もうウザイから12月 or 1月中に京都の保険ゲットしといて、今春マスコミ行けなかったらそっち行く。
Posted by watoro at 2005年11月18日 10:31
ズー・アル・フィカールをバカにするな!!イスラームの預言者ムハンマドの従兄弟にして、ムハンマドの庇護者アブー・ターリブの子、そしてムハンマドの娘婿であるシーア派初代イマーム、アリー様の宝剣こそ、ズー・アル・フィカールやっちゅうねん。
まあ、シーアは以外こんなことで熱くならんことが寂しいがな。

>京都の保険って言うことは、来年からともに京都に住むかもな。そしたらたまには合コン開こうとするか。とりあえず、今わかっていることは、俺ら二人とも教育を取り上げられたら、ニート決定だな。俺は最近ちょっと太ったらから、ミートかな?
Posted by 黒田@神戸 at 2005年11月21日 00:10
ヒゲもしゃもしゃにしてから熱くなってくれ(笑)

京都に住む可能性は高いね。そんときゃ頼むぜアニキ。

>今わかっていることは、俺ら二人とも教育を取り上げられたら、ニート決定だな。

まぁね… orz 一応フリーランスの翻訳業でも営もうと思っているが、大した稼ぎにはならんだろうし。

つうかミート ワロタw
Posted by watoro at 2005年11月21日 17:18
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

9条を捨てる意味は?
Excerpt: リンク: Asiajazeera: 必殺の言い訳、9条を捨てる意味は?. この中
Weblog: ままなってる日々
Tracked: 2005-11-18 20:45
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。